m_mamoru さんがブースト
m_mamoru さんがブースト

『ウィンズテイル・テイルズ 封印の繭と運命の標(しるべ)』、冒頭部分を試し読みいただけるようになりました。第一章初めの二節、前巻に比べて少し距離が縮まったリンディとメイリーンのやりとりなどをご覧いただけます。
お悩み中の方、よろしければ。
shueisha.co.jp/books/items/con

宮内庁が道をつけてくれたので、裏庭が植物園になりました。

m_mamoru さんがブースト

『ウィンズテイル・テイルズ 封印の繭と運命の標』、いよいよ発売日となりました。
辛うじて存亡の危機を乗り越えた主人公ら。だがその成果は新たな来訪者を招き寄せてしまう。苦難の百年を引き籠り続けた、〝独立閉鎖研究都市〟の研究者達。彼ら彼女らの目的は、そしてその来訪が引き起こすものとは。

m_mamoru さんがブースト

自分たちの運命に戸惑いならがも、支え合い結びつきを強めつつあったリンディとメイリーン。ふたりの前に現れるのは、〝影響力だけはある引きこもり〟、独立閉鎖研究都市・ノルヤナートからやってきた研究者たち。まったく真意が読めない彼ら彼女らが求めてきたものは——。

前巻に引き続き、自分たちが未熟であると知りながらもなんとか前に進もうとする少年少女と頼りになる高齢者たち、そして常に寄り添い力になってくれるワンコが引き続き登場します。一癖も二癖もある研究者たちに戸惑いつつも、なんとか前に進もうとするリンディとメイリーンの活躍をお楽しみください。

スレッドを表示
m_mamoru さんがブースト

『ウィンズテイル・テイルズ 封印の繭と運命の標』、前巻『ウィンズテイル・テイルズ 時不知の魔女と刻印の子』と併せて各書店・オンラインショップで好評発売中です。どうぞよろしくお願いいたします。
shueisha.co.jp/books/items/con

スレッドを表示
m_mamoru さんがブースト

『青春と読書』2024年6月号に、エッセイを掲載いただきました。体調不良と我が家の愛犬のお話です。

seidoku.shueisha.co.jp

m_mamoru さんがブースト

『ウィンズテイル・テイルズ 封印の繭と運命の標(しるべ)』、早いところではもう並び始めているようです。ご興味ある方は是非……前巻お読みでなければこの際併せてご一緒に……!
なお今回、集英社文庫さまにポップを作っていただいております。ご覧くださいこのカッコ良さ!

m_mamoru さんがブースト

日本SF作家クラブ編の早川アンソロジー、最新版『地球へのSF』。タイトル通り視点の広いSFが集まっており、文庫ですが大地に立つ厚さがあります。5/22発売

今年も裏庭でヒメボタルが乱舞する季節をむかえました。例年より一週間ほど早いかな。(写真はイメージです)

m_mamoru さんがブースト

『ウィンズテイル・テイルズ 封印の繭と運命の標』(集英社文庫)のカバーが公開されました。syo5さん の装画、須田杏菜さんの装幀を是非ご覧くださいませ。
発売は5/21ごろ、ただいま各書店、オンラインショップで絶賛予約受け付け中でございます。

shueisha.co.jp/books/items/con

m_mamoru さんがブースト

『ウィンズテイル・テイルズ 封印の繭と運命の標』、カバーのメインはメイリーン。前巻では周囲の思惑に思惑に流されることが多かった彼女の立ち姿から、内面の成長が感じられるのが本当に素晴らしくて。
そして既報の通り、前作と並べると白と黒/光と闇が並び立つ一幅となります。是非実物を並べてご確認ください。
shueisha.co.jp/books/items/con

スレッドを表示
m_mamoru さんがブースト

『ウィンズテイル・テイルズ 封印の繭と運命の標』、物語は前巻からさほどの時間も経たないところから始まります。何とか問題を乗り越えたことが、予想もしなかった新たな来訪者を招き寄せることに……
本心の読めない来訪者に戸惑うリンディ。前作に引き続きワンコも活躍致します。どうぞお楽しみに。

m_mamoru さんがブースト

本当に自由に書かせていただけてありがたかった一巻目に続き、更に自由に書かせていただいてしまった二巻目、『ウィンズテイル・テイルズ 封印の繭と運命の標』の発売まで残り一週間となりました。
一巻目と併せて、どうぞよろしくお願いいたします。

shueisha.co.jp/books/items/con

m_mamoru さんがブースト

創元SF短編賞受賞記念ということで、フラッシュフィクション専門週刊誌『CALL magazine』にて、稲田一声「印刷物一覧」をネットプリント再配信していただいております。ありがとうございます!

稲田一声「印刷物一覧」
ファミリーマート/ローソン/ポプラ/ミニストップ用ユーザー番号:239TY8FFCR
1回20円(白黒/A4)
配信期限:6/1 19:00まで

m_mamoru さんがブースト

縞田理理さんからいただいた『ペテン師ルカと黒き魔犬』(新書館ウィングス・ノヴェル)を読了。ちょっとだけ、と思って読み始めたら止まらなくて一日で上下巻を一気に読んでしまった。
ペテン師で未熟な〝力〟の使い手・ルカと、正体不詳の黒犬・サーロ。ひとりと一匹は大きな陰謀と策略に否応なく巻き込まれていき、どんどん深みに嵌められて……
shinshokan.co.jp/book/b567610.

m_mamoru さんがブースト

ペテン師を自称している割にどうしようもなく善人なルカと、恐るべき力を秘めながらどうしようもなくワンコなサーロが、一枚も二枚も上手な周囲の目論見に翻弄され、それでも傷ついたもの、弱いものを護ろうとする(葛藤すらなく当たり前のこととして行うなんて、そんなペテン師がいるものか)姿に応援せずにいられる人間がいるだろうか?

ワンコの飼い主としては、ワンコから〝自分の人間〟って言われたら歓喜の余り気絶するかもしれないなあ、いいなあ、という嫉妬を思わず覚えてしまう物語でした。面白かった!
以前もポストしましたが、Kindle Unlimitedの対象でもありますので、メンバーの方は是非。

スレッドを表示
m_mamoru さんがブースト

立憲民主党 福山参院議員
「最も幼い時の私の記憶は父の母への暴力を止めている自分の姿です。何度も母の背中に背負われ逃げました。割れた茶碗やコップ、散らばった料理の残骸を片付けながら、いかに母と情けない惨めな思いをしたか今、思い出してもゾッとします。商売を失敗し、債権者から逃れるために父は行方不明になりました。母と私と小学校1年の弟は生活のため住み込みで働くことになりまして、なんと父とは思いがけなく別居状態になりました。金もなく貧乏で将来も不安でしたけど、あの父から離れて生きることがこんなにも心穏やかで前向きになれるんだと母と話し合っていたことを思い出します。法務大臣、今回の民法改正で、せっかく離婚が成立して子どもと再出発しているDV被害者の皆さんがもし共同親権が認められたらと不安に思っている気持ちはご理解いただけますか」

【共同親権】立憲議員が子ども時代のDV被害語り「子連れ別居」の正当性を問いただす
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000348674.html?display=full

m_mamoru さんがブースト

道東出身・在住の伊藤瑞彦さんが書いた『赤いオーロラの街で』(2017)がもう少し話題になってもいいのではと思う1日でした。第5回ハヤカワSFコンテスト最終候補作です。
災害パニックとそのトラブル対応が描かれる話で、悲壮なスリラーではないです。
検索して見つけた、坂野秀久さんという方の紹介文が詳しかったのでリンクを置いておきます。 kai-hokkaido.com/novel022/

m_mamoru さんがブースト

『SF作家はこう考える』収録の近藤銀河「過去に描かれた未来 マイノリティの想像力とSFの想像力」とても良かった。この鋭利な批評が載っていることが、この本全体に緊張感をもたらしていると思う。特に「SFの想像力が失敗し差別に加担する時」という章が、SFが差別的になりうることを明言してて重要。

かくいう自分にとっても他人事ではなくて、同論考の中では私自身がクィア的なSFとして好んでいたヴァーリイの諸作品に内在する差別的な要素が厳しく批判されており、問題点を自覚させられた。(なおこれは、だからその作家をキャンセルすべき、といった短絡的な主張をする文章ではないはず)

古いものを表示
Fedibird

様々な目的に使える、日本の汎用マストドンサーバーです。安定した利用環境と、多数の独自機能を提供しています。