イーロン・マスクが全面的に悪いのは前提として、スパム対策と称してそういう行為に及ぶ倫理観のなさもかなり悪いですよ。

おれがやってるのってほぼこれらしいです。
“Excavate a hidden labyrinth you recently unearthed on your land and entice these beautiful creatures to roost in the sanctuary of your caves.”

とりゅう さんがブースト
とりゅう さんがブースト

ドラゴン情報

WINGSPANというバードパークをつくりあげるボドゲがあるのですが、同じ会社がWYRMSPANという183種類(!)のドラゴンが登場するボドゲを発売したそうです
まだ英語版しかありませんが、いずれ和訳されるかも…?

stonemaiergames.com/games/wyrm

特にライトノベルの新人賞はデビュー版元からそのまま、というイメージが大きいですね。シリーズ化前提というのもあるんでしょうけど。

まあ同じジャンルで単著二冊くらい出してる人も応募していたしべつにいいのかな。

いつものカフェに来たら後ろの席でアニメからちいかわに入った人たちがずっとちいかわの話をしているので読書が手につかなくてェ……

改稿がおもろすぎて夢中になってしまい初稿に差し支えが生じています。

改稿のためのペン、改稿ペンをなくしてしまったようだ……

イスラエルによる虐殺にしたってそうですが、「何もしていないことが罪であることに耐えがたい苦痛を感じる」という部分では、虐殺の事実を否認したり法案を擁護したり、あまつさえ虐殺や法案にプロテストする人たちを攻撃したりする人間とも同じだと思ってますよ。

スレッドを表示

世紀の悪法たる共同親権法案、これは事実として、おれにはほぼ直接的な悪影響がないのですが、だからこそ、強烈な良心の痛みを感じて苦痛なんですよ。なんでカスの政治家どものせいで、おれがおれであるだけで、履きたくもないゲタを履かされなきゃならねえんだよ。

wikipediaやブログなどで調べられる範囲なので楽勝です。いい時代ですな。

小説を書くというのはたいへん奇妙な営みで、突然にして、「ピーターパン空の旅」のような、トロッコ(乗り物)に乗ってセットの中を移動していくタイプのアトラクションの総称を調べたりする必要が出てきたりします。「ダークライド」というらしいです。

国の政治(主として自公維)が最悪すぎるので小説を書くための脳のリソースの大部分が「激怒」のために割かれてしまっておりそれに対しても激怒しているので完全に負のスパイラルに入っちゃってますね。

明日退職でもしないと幻想と怪奇には間に合わないです(泣)

おれはもっと気難しいので、「デ・ジャビュと同じように、ある文章を読んだその時点で事後的に『自分も同じことを頭の中でぼんやりと思っていた』という記憶を生み出しているだけだろ」と思っています。

とりゅう さんがブースト

「「頭の中でぼんやりと思っていたことを誰かが文章化してくれた」と思うことは一種の怠惰である」みたいな感じのやつ、なんか近年急によく見るようになったので、うんうんそれをバズ文章化してくれた人がいたんだよねみたいなセルフメタ言及性を感じ取っちゃう

オタク(三人称)は軍師が好きだけど[要出典]、すぐれた作戦立案者として描かれるキャラクターの思考過程を、何がすぐれているのかが観客にも納得できる形でトレースして提示するのって、映像コンテンツでやるのはかなり難しいよな〜、と熱っぽい頭で『ブルーアーカイブ』のアニメを観ながら思いました。

古いものを表示
Fedibird

様々な目的に使える、日本の汎用マストドンサーバーです。安定した利用環境と、多数の独自機能を提供しています。