他国間の貿易統計を調べたい時って、なんかいい方法ないかしら。

インディーの歴史創作読みたいとネットの片隅で声を上げたら、親切な人がSubstackを教えてくれました。UIがわかりづらいが、読み専の人はメールの認証URLを経由するという方法でパスワードなしにサブスクができるらしい。サイトにいちいちログインする面倒くささのハードルを下げようとしているんですね。

面白そうなのでしばらく回遊してみますが、フィリピン発の英語ニュースを購読したら結構な陰謀論がポストされていて即解除した。無料記事もあるとはいえ、サブスクする前に試し読みができないのが不便ですな。

こういうクローズドなサイトは、創作のベータテストの場として気軽で良さそうな一方、信者の囲い込みにも使えそうでなかなか怖い。

荒いマテメソ書けたので寝る。なんとか五月中にできた。

正直、子供が寝ていると作業の進捗がよい

乾かすのが肝要と言われても開花前は水分が必要らしく、小さすぎる鉢に少ないバークで植えていたら何年か花が開花直前にしけてしまうということも。水苔素焼にしてからはきちんと開くようになりました。

スレッドを表示

デンドロビウム リンドレー
昨年の日照不足でバルブからほぼ全部葉が落ちてしまい、諦めていたところに花茎が1本出ました。おつかれ!

ヘルシーな炒り卵色。日にあて、冬乾かし、夏にたくさん水をやる、という基本を守れば最低気温5度でも越冬できる丈夫な小型種です。うちは天気予報で零下になる日だけ取り込み、冬場もベランダに出しています。

だらだら書いてしまってここまで何が言いたいかというと、リアル本にならばそれなりのお金を使ってくれる中間層が、まだ大きく流入してきてくれていないので、やっぱり中の人はマネタイズが大変なんじゃないかということです。最近はwattpadコミュニティに小説講座みたいなのが増えてきたというのは、あれだ、クラフトするよりクラフトの仕方を教える方が儲かる、という生態系ではないか。

スレッドを表示

かりに自分が、普段から物語はあまり読まないし本も学校の図書館にあまり置いてない、みたいな環境に育ったとして、ネットで無料で読めるサイトがあったらすごく嬉しいしハマっちゃうでしょうなあ。たとえ本屋にもっと読みやすくて面白い本があったとしても。

スレッドを表示

なろう・カクヨムを定期巡回している家人と話していて、東西問わず実はネット小説ポータルには大きく両極端の2種類の人間が徘徊しているのではとふと思いました。ひとつは本来小説を読まないが、ネットで無料なので読み始めた人たち。残りは売ってる小説にない変なものを求めている、私のように面倒臭い読書オタク。多分前者のボリュームの方が大きいが後者の方が声が大きい。運営はバランスが大変でしょうね。

体感として、普通に売っている話題作を電書ショップや書店で購入して読む中間的な層が、思ったよりいない。英語圏の読書家がよく使っているハッシュタグでwattpadの話題を振っても反応薄いんですよね。で、最近厳格な大人たちからは未成年がびーえるじーえるを読めちゃう危険なサイトとして認識されている。(日本語圏での何でもありユースカルチャーからすると不自然なくらいお行儀が良いものが多いというのが当方の理解なのですが……)

俺の彼女はケルベロス、とかクリシュナwattpadにあわらる、みたいな変なものの話がしたい。

せっかくの電書なのに、「本っぽいフォーマット」に囚われすぎじゃないかしら。

スレッドを表示

修正、当方に読み落としあり、2万語は連載中作品のエントリーに関してで、完結作品については英語5万語、フィリピノ語あるいはスペイン語で4万語になっていました。ずいぶん昔は短編賞とかもあったのに。

いずれにしても、そんな長いのばかり読んでられないぞう。

スレッドを表示

の面白さはアワード獲ってたりフォロワーが多いアカウントにあらず。ニッチなものほど驚きがある。

スレッドを表示

初期短編には汚れのないリビドーが詰まっている。

スレッドを表示

いいかな、と思ったら作家さんの作品はまず初期短編から読む派。作家の皆さんはとりあえず、タダで読める短いギブアウェイを個人サイトのトップに置いていただきたい。

スレッドを表示

Wattys 2024の作品募集告知が出ました。私は書く方でなく読む方なので、それなり毎年楽しみにしているのですが、すぐ単行本サイズにしてマネタイズできるものを目指しているのか、それとも作品数を絞るためか、今年は、2万語以上の作品かつ1アップデート500語必要などと、カジュアルに読みたい側にとってはあまり嬉しくない条件がついている。

うーん、賞を取っている作品を昨年ざっと読んだ感想は「無難」なんだよなあ。文章はそこそこ読めるのだけど、今までに見たことがないような、切れ味鋭い作品はあまりない。だいたい長いので最後まで読みきれない。

私は短編が好きなので、この傾向は寂しいな。大河、エピック、大長編ばかり誰が読むんじゃ。これが若さか。

wattpad.com/wattys/

重い内容の本でしたが同人誌を作るのはそれでも楽しい。

スレッドを表示

一昨年、花店で見つけた松村洋蘭の白花ミニ胡蝶蘭。葉の数が少なくても花茎が毎年出る。台湾胡蝶蘭をコンパクトにしたような交配種で、葉の色も台湾胡蝶蘭にそっくりな黄緑色、気根がニョロニョロよく出ます。

店で澄まして売られているときより、家に来てニョロニョロし出した時の野趣が好みです。

さすが印刷のまちトーキョー、出稿すると一両日中にカタチになる。

スレッドを表示
古いものを表示
Fedibird

様々な目的に使える、日本の汎用マストドンサーバーです。安定した利用環境と、多数の独自機能を提供しています。