天使の囀り読み終わった
起きる事象自体は這い寄る怖さがあるが、主人公がすんごい橋を渡りまくってて手に汗を握る怖さもあって、ほんわかパートとかもないので、ひたすら恐怖の重ねがけだった
興味深い本だけど、人に勧める難易度は高めなタイプの怖さ

エミリの小さな包丁、そんな重くないしすごく心あったかくなるしKindleUnlimitedにあるので、Unlimted加入者にはぜひよんでほしい

はてなブログに投稿しました
長年合っていない孫と祖父の、ちょっと距離のある共同生活 - エミリの小さな包丁(著: 森沢明夫) 感想 - 読書と映画の記録 read.manasas.dev/entry/2024/01

星六花のな、変わらずそこにある美しいものに救われる感じがな、すごい好きなんだよな

はてなブログに投稿しました
理知的で、不器用で、やさしいひとたち。 - 読書と映画の記録 read.manasas.dev/entry/2024/01

年末に読んでた羊と鋼の森の感想
さわやかで良い小説でした

調律師の話なんだけども、ピアノわかんない人間でも面白かったけど、ピアノや調律わかる人間が読むとまた違う感想になりそうなのでピアノや調律がわかる人の感想も聞いてみたいな

はてなブログに投稿しました
『調律師』は、何を目指せばいいのだろうか - 羊と鋼の森をよみました - - 読書と映画の記録 read.manasas.dev/entry/2024/01

長期休暇があるといっぱい本がよめてうれしいね!

はてなブログに投稿しました
2023年12月に読んだ本のまとめ - 読書と映画の記録 read.manasas.dev/entry/2023/12

ひとりアドカレ11日目🎉
憂鬱な時のおすすめ本、まとめました📚

憂鬱が続く時におすすめしたい本|まなさす note.com/thetalemon/n/n0e737fa

逢魔宿り、昨日の夜読んで、警備員の話であまりに怖くて夜に読むもんじゃないと思って読むのやめて朝読んでるんだけど、恐怖が這い寄ってくる純粋なホラーって感じで良かった
子どもの頃に怖がった理由もわからない恐怖みたいなホラーなので怖がりの人にはおすすめしないし、多少ホラー耐性あるくらいの人にも夜はおすすめできないな

― 5日目🎉

夏からずっと温存してた感想を書きました

はてなブログに投稿しました
宗教とは何のためにあるのか、を考えさせられる話【スリーピング・ブッダ 感想】 - 読書と映画の記録 read.manasas.dev/entry/2023/12

とても気持ちの良い人怖い系ミステリでございました

はてなブログに投稿しました
儚い羊たちの祝宴 感想 - 読書と映画の記録 read.manasas.dev/entry/2023/11

儚い羊たちの祝宴 / 米澤穂信 

一言で言ってしまえば、良家の人々の思惑と思惑が絡まり合う、人怖い系ホラー5編。
良家の人々なのでどの人も表の品が良いのだが、どれも読み進めていくうちに品の良さの下に隠れた狂気が徐々に露わになり、だけども最後には、狂気ながらも、品良く終わる。
怖いのだけど、品が良い。後で夢に出そう、という感じではなく『ああ、ひとつの怖い物語を摂取した』そんな感じで終われる、後を引かないホラー。おすすめ。

米澤穂信さんの本ははじめてなのだけど他も読んでみたいな。

Fedibird

様々な目的に使える、日本の汎用マストドンサーバーです。安定した利用環境と、多数の独自機能を提供しています。