すごくひさしぶりにブログを書きました。
お風呂たいへんだよねって話と、普段どうしているかって話をしようとしたんだけど、いちばん言いたいことが最後のあたりにバーッと出てきちゃった、「休めるものであれよ」と。
そういうことを広く言えるための言葉として出会ったのが”Sexwork is work”だった。ワークなんだから休めて早退できてあたりまえとか、ワークなんだから無事に帰れてあたりまえとか、何の個人的親密さも担保しなくてあたりまえとか、そういうこととつながってる言葉。わたしには。
goodlucksweetie.net/survive-th

給湯器の電源が入らなくなりマミさんとギャーギャー大騒ぎ。来てくれた業者さんが「こんな寒い時期に申し訳ありません!さっそく拝見しますね」とボタンを押したらこの数日待ちわびた「ピッ」という音がして、なに?なんか温かい水が出てくるんですけど、え何これ?

その後数分にわたり、本当に何度挑戦してもダメだったこと、あらゆる力加減での押し方を試したこと、水でお皿を洗うのがいかに辛かったかなどを口々にお兄さんに言い募り、実にうるさい客だった。何もかも恥ずかしいが、わかってほしかったのです……

椎名こゆり さんがブースト

7年前にユーザー/リピーターだったニンゲンがその頃、お世話になったワーカーと会えるだけでもレアだと思う。基本的に同じ店に長年在籍してるワーカーは少ないし、連絡がつかないのが普通だから。風俗嬢も客も「ありがとう、またね」と笑顔で別れたあと、互いに二度と会う保証がない関係なのは承知しているから、わたしはあの場所が大切で好きだった。別れた恋人のことよりも、風俗嬢の記憶が鮮明なこともある。

あのまま衰え知らずだったらどうしよ。遠くから見るだけでいいのなら現在のお姿をちょっとだけ見たい感じもするが、120分はひるむ。でも別人のようにおとなしくなってたらそれはそれですっごく心配だしいやだ。

前者のお客さんは礼儀は正しいしプレイで無茶しないし配慮のないこと言わないしあまりにも大丈夫が過ぎるせいで、毎度わたしが挙動不審になって職業スキルもさほど発揮できず(おそらくそれらは通常の、つまり決して大丈夫とは言えない客たちに特化して向上したものなので)喜ばれていることとそうでないことの判別もつかず不安でいっぱい、居心地悪〜い感じでとぼとぼ帰ってくるパターンばかりだったのを思い出し、じんわり落ち込んだ。
結局どっちにしても居心地は良くない(なんか選べる話みたいに言ってしまってるけど)。
居心地いい客などいるのかと聞かれたらもちろん困りますけども。居心地わるさの程度とか種類とかね、あるよね。

ふたりともめっちゃ居心地よくないけどわたしにとって嫌なお客さんではないようなので安心はした。思い出せてよかった。どっちか分からないが元気で嬉しい。が、なんか、ハァ……

スレッドを表示

名前を聞いたので7年前の記録を掘り起こして検索したらちゃんと残ってた。同時期に同じ名前の人が3人いて(店は名字の読み+電話番号で管理、わたしは番号は知れない)、何度も指名してくれたのはそのうち2人。

・安全で穏和なアラサーお兄さん
・テンション爆高全裸ダンス50おぢ

確実にどっちかだと思うんだけど、後者の場合は全裸ダンス60おぢに進化してる可能性あるんですよね どうしよ……

彼は体力がすさまじく、7年前ですら全然ついていけてなかったようでノートには「疲れた、もうむり、助けて」と弱音が延々綴られていた。かわいそうな7年前の自分。そういうんじゃなくて話した内容とかプレイの注意事項とかを書いておいてほしかった。

スレッドを表示

かつて指名してくれていた人から7年ぶり(⁉︎)に予約が入っているらしいのですが、こちらは何ひとつ覚えてるはずがないのでもちろんピンチです もちぴんです

ひさしぶりにTwitterに行き、こういう時に蔓延るヘイトやデマを報告して帰ってきた。本気でそう思っている人だけでなく、人種ヘイト発言を叱ってくる人を困らせ傷つけ凹ませてやりたい、という欲求でやってる人もけっこういるのかなと思った。
こういうことに怒ったり報告作業をしたりというの、当事者だけにさせておいてはいけないと思うから気がついた時はやっているけど、嫌な気分にはなる。でも嫌な気分になるだけで済む人がやらないとね……と思ってやりはするものの、あそこで何かをがんばって書くことはもうあまりないだろうな、と思ってしまった、こわいので(Threadsには別のこわさがある)

通院納め(納めも何もないけども)。
待合室のキッズコーナーに小さな、おそらくは男の子がふたりいて、
「ねーねーけっこんしってる!?したい!する?」
「じゃーする!どうしたらできるの?」
「あのねー、ほんとうにけっこんしますかってきかれるんだよ」
「ふーん……よし。けっこん!」
「けっこんけっこん!」
というやり取りをし、こん!のタイミングで左右かわりばんこにフィストバンプしていた。

あの子たちが大人になったとき、彼らにとって結婚(制度自体には懐疑的だけれど、15年先なくなってはいなさそう)はどんなものになってるんだろうな。かわいかったな。すこやかにね。

あらあらと思いながらとりあえずもらった抗菌薬を飲んでみたところ、なんと、ものの数時間で恥ずかしいほど著効し、すべてが夢だったかのように終わってしまったのでした。さっきまで素直じゃなかった身体があっさり言うことを聞いている。なんなの?ねこちゃんなの?決まった人にだけなつくねこちゃんなの?あの薬ちゅーるなの?

よかったには違いないけど、本当に素人には何もわからないよなあ、そしてお医者さんでもすべてがわかる訳はないんだよなあ、それでもどんなときもどうにかやってくれているんだなあ……という気持ちを新たにしました。

そして普段通りに戻り、慢性的な不調が普通につらい。急性的な不調があるときは気にならないのになんなんだい(寝てるからか?)。薬は飲んでいるが凡カリカリくらいの力しかない。あらゆるジャンルにちゅーる的なものがほしい。モンプチとかでもいい。伯父の家でむかし飼われていた犬のジローはビタワンよりも大根が好きだったな。

スレッドを表示

先日の話。
喉が強烈に痛み、関節と頭と首も痛く、すさまじい寒気なのに体温は37度(平熱)で、首をひねりながら病院に行った。先生はコロナとインフルの検査をしてくれて、カルテの「37.2℃」を指でなぞりながら「これいつもなんですもんねぇ、ん〜〜」と言い、わたしの喉を見て「んん〜〜」と唸り、検査はどちらも陰性。
「証拠と確信のある診断でなく申し訳ないのですが、いったん扁桃炎とかに使うお薬を出します。全く効かなければまた検査するので教えてください!」と言われた。納得してお薬を受け取って帰ると、6日前に会った人から「コロナであった。体温は36.6℃」という連絡が来た。
あらあら。

原稿を書かなくてはいけないのだけど寒くてできる気がしないので、あずきを火にかけてみた。
あずきのかわいいところは、火にかけてすぐのころのカラコロ、カチカチ、コボコボ、みたいな音。ささやかでさわがしくてはかない。はなれた通りを帰っていく小学生たちのような音。

あっという間に小さくなって聞こえなくなっちゃう。

外国人は出禁にしろ、日本の女性を守れ!と言う人もよくいる。 

でも梅毒をこんなに流行らせているのは主に日本の男性じゃないのか。彼らが検査と治療をする気があれば、はじめからこんなことにはなっていないはずなのだ。
梅毒を汚いもののようにみて嫌なコメントを書いていた人に「梅毒ってどうしたらうつるか、どうしたら防げるか」聞いてみたとして、まともに答えられる人がどれだけいるだろう。そしてそういうことを書く人も書かない人も、性風俗を利用する人もしない人も、おそらくはみんな、だいたい同じ程度に答えられないのだ。

この先わたしが仕事中に殺されたとしたら、こうしてヘイトにまみれたコメント欄と、病気について知る気のない人々によるえんがちょ談義が必ずついてくるだろう。ずっと前から知っていることだが、いつまでも許すことができない。
亡くなられたセックスワーカーたちがずっとそのような場所におかれっぱなしでいることが、たまらなく申し訳ないし悲しい。

鴬谷の事件から18日で5年経った。犯人にはたしか懲役16年の判決が出て、控訴した、というところまでしか知らない。その先はどうなったのだろう。

スレッドを表示

5月に吉原で起こった悲しい事件についての記事を読んだ。 

最終的に「今の吉原は中国人も入れる店が増えた、これはいかがなものか」みたいな雰囲気で締めくくられていて、コメント欄は「中国人が持ち込むせいで日本の梅毒が増えている」話(と、なぜそんな仕事を〜という定番のやつ)であふれていた。いつも通りのこと。だからいつも通り最悪の気分。

こういうときはたいてい、中国人の入国人数と梅毒の患者数の増加が比例している、というのが“根拠”としてあげられている。

2010年代の後半に梅毒が増えた理由を明確に答えることはできない。「○○のためである」と断言している専門家も見たことがない。
でも統計を見る限り、中国政府がゼロコロナ政策の一環として海外渡航を制限していたあいだに日本の梅毒は減っていたかというと全然そうではない。2020年こそ前年より少し減ったけれど(とはいえ2017年と同程度)、2021年と2022年では最多記録を更新している。
しかも「どちらかというと増加傾向」とかではなく、スコンと増える棒グラフ愛好家の方に大変おすすめです。
news.yahoo.co.jp/expert/articl

9年くらい指名されてるお客さんに何ヶ月かぶりに会ったら、ここ数年うっすらと感じていた加齢による肌の感触の変化が著しく進んでおり、年月の重みを感じた。わたしも同じこと思われてるのだろうな、と思いながらしみじみとした気持ちでベッドに入ったら、ここ数年うっすらと感じていた加齢による体臭の変化が著しく、い……いちじ、いちじるしく、なんなんだ、どうなっちゃってるんだ、やめてくれ人体、待ってくれ生命、そんな、そんな急に、ウワーーーッッ

心の中で愕然としたまま終わった

引越し屋さんは「ずいぶん辛抱されましたね……ここは絶対に大丈夫ですよ、元気出してくださいね」と言って帰っていった。ありがとうございます

ほんとに疲れた 荷解きなんてしたくないよ
天井の面がフラットであるさまを眺めてはもう大丈夫なんだと自分に繰り返し言い聞かせながらぼーっとすることくらいしかできない

天井がショッキングな感じになったのを目の当たりにしたときや、目の前で関係者同士がもめているとき、「大変なことが確かに起きている しかし天井が落ちたのはわたしだけじゃない、わたしはきっとひとりじゃない」と自分に言い聞かせてなんとか気持ちをしっかり持つことができたので、タマキさんには足を向けてねられません
ありがとうございました

みんなの天井が無事でありますように
あらゆる工事が適切に行われますように

落ちてない天井と引き換えに、家賃が上がりました なんで?

(なんか見てる人が増えたのでいちおう説明しておこうかな)

まさか天井が落ちるとは誰も思っていなかったものの、前から少々変な点はあったため、大家さんや管理会社との話し合いなどはすべて終わっています。立ち退き費用についても負担していただけることになっています。
心配させてすみません。ありがとうございます。

さて今回のことでお話を聞いた人が「誰しも他人事じゃないですよ、言っちゃあなんだが、タワマンなんて言ったってねぇ……施工不良というものは、どこにでも、あるんですわい……」とクローズアップ現代のようなムードで仰っていました。いつまでもあると思うな親と天井。みんなも日頃から天井に感謝を伝えよう。

古いものを表示
Fedibird

様々な目的に使える、日本の汎用マストドンサーバーです。安定した利用環境と、多数の独自機能を提供しています。