麦原遼 さんがブースト

Kaguya Booksのサイトに、日本SF作家クラブ編『SF作家はこう考える 創作世界の最前線をたずねて』のページを公開しました。

つくづく素敵な並びだし、ここに本を追加していけることがとても嬉しい。

//
SFや創作に興味を持ったら
まずこの1冊📚📚
\\

60年以上の歴史を持つ日本SF作家クラブの会員たちが、どんなふうにデビューし、どこからインスピレーションを得て、どうやって創作を続けているのかを本音で語る。

こんな人におすすめ
🔸SF小説を書いてみたい人
🔸作家としてデビューしたい人
🔸創作を続けるコツや、ほかの仕事と両立する方法を知りたい人
🔸ビジネスや事業でSFを利用したい人
だいSFのポテンシャルと危険性を両方知りたい人

👇👇サイト👇👇
books.kaguya-sf.com/books/sfsa

先行予約受付中の日本SF作家クラブ編『SF作家はこう考える 創作世界の最前線をたずねて』、昨年のSF大会での企画パート(「SFと科学技術を再考する」)に参加させていただいています。 virtualgorillaplus.com/nobel/s

麦原遼 さんがブースト

╭━━━━━━━━━━━━━╮
  🖋日本SF作家クラブ編
   SF作家はこう考える 
 創作世界の最前線をたずねて
╰━━━━━━v━━━━━━╯

特典付きの先行予約開始‼️
4月7日(日)まで。

これからの時代を生きる書き手たちへ贈る一冊、お見逃しなく💨
virtualgorillaplus.com/nobel/s

麦原遼 さんがブースト

新作長編小説『コズミック・アルケミスト』がkindleセルフパブリッシングにて、本日発売されました。
地球が宇宙の中心にあり、万物が四つの元素で構成されたアリストテレス的・プトレマイオス的世界観を舞台に、錬金術がテクノロジーの主流となったメタフィジカル・スペースオペラとなります。
レトロSF調な作風を意識しつつ、『宇宙』と『人間』の関係を描いたワイドスクリーンバロックとして作りました。興味がわいた方は読んでみてくださいませ。
amazon.co.jp/コズミック・アルケミスト-草野原々

春の光に追いやられたかげから蛆虫たちが浮かんでくる 真夜中には部屋のほうぼうに散って延々と物音を立てる 翌朝飲む珈琲にはとても細かくなったそれらの殻が混じっていて 飛び込む光が美しいほどに体は重くなる

麦原遼 さんがブースト

【新作情報】
新作長編小説『コズミック・アルケミスト』をkindleにて刊行します!
発売日は3月20日です。
アリストテレス的世界(地球が宇宙の中心で、万物が四つの元素で構成されている)で、存在と存在が邂逅する正統派ワイドスクリーンバロックとなります。乞うご期待!
レトロSFを意識しつつ、錬金術や人格労働、広告社会などを織り交ぜ、《宇宙》と《人間》の関係を描いております。
amazon.co.jp/dp/B0CXDDKB9T?ref

麦原遼 さんがブースト

新作長編小説『コズミック・アルケミスト』の試し読みページをnoteに作りました! 一章~二章半ばまで無料で読むことができます!(二つのメイン存在が出てくるところまで) ぜひ読んでみてください。
note.com/gengen_kusano/n/nec57

麦原遼 さんがブースト

「人文学の死」シンポジウム パネルディスカッションも文字で読めるようになっています。

chosyu-journal.jp/kokusai/2932

公開セミナー「人文学の死―ガザのジェノサイドと近代500年のヨーロッパの植民地主義」YouTubeでも配信している。youtube.com/watch?v=ieAacjnjdy

麦原遼 さんがブースト

京大で下記のシンポジウムが対面と配信で開催されるそうなので、興味のある方は。
岡真理先生のお話を聞いたり、本を読んでる方は多いと思うけど、藤原辰史先生のお話のテーマが切り口的に重要な気が。
以下概要⬇

2月13日(火)18時~21時、対面(京都大学 吉田本部構内総合研究4号館 1階 共1教室)およびオンライン

公開セミナー「人文学の死―ガザのジェノサイドと近代500年のヨーロッパの植民地主義」
対面:予約不要・オンライン:要申込・聴講無料。

基調講演1「ヨーロッパ問題としてのパレスチナ問題」
岡 真理 (早稲田大学文学学術院、現代アラブ文学)
基調講演2「ドイツ現代史研究の取り返しのつかない過ち—パレスチナ問題軽視の背景」
藤原辰史 (京都大学人文科学研究所、食と農の歴史、ドイツ現代史)
パネルディスカッション
司会進行:駒込武(京都大学教育学研究科、教育と学問の歴史、台湾近現代史)
kyotounivfreedom.com/news/2024

麦原遼 さんがブースト

KADOKAWAから出版予定だったヘイト本への批判記事が新たに出ました。 

【KADOKAWA出版予定だった本の6つの問題。専門家は『あの子もトランスジェンダーになった』は誤情報に溢れていると指摘
古い診断法の引用、科学文献の読み間違え…。本書の問題をアメリカの医学博士が指摘する】
huffingtonpost.jp/entry/story_

賞味期限が切れたちくわと同じくのソーセージを冷蔵庫で見つけ、ほうれん草(きっと)ともに茹でるという“必要性”クッキング開始をですね。

魔法解析者、各地の人が使う魔法は共通の構造を持っているという前提ではじめる派と、そうじゃない派とかがいて、翼が生えて空を飛ぶ存在の魔法の構造とかでいろいろ盛り上がるんだろうな

これはアホなやつ、人工言語を作ってその経年変化とともに意味が変わるのをただ追う

スレッドを表示

意味の反転ではなく意味の効果のずれが起きて忘れにくくなるみたいなのも。

スレッドを表示

形容される存在が変わる(反転(寄生獣とか)、継承……)、形容の意味が変わる、後味が変わる、別物、拡大による意味合いの反転、読み替えによる反転、、

そこにおいて人の命は世界に匹敵する個ではなく、誰々にとっての命、誰々にとっての(誰々にとっての誰々の命)、と折り畳まれて、集団における効果をはかるための量となる。効果をはかるのに間に合うだけの時間しか開かれることもない。

というかタイムゾーンや暦の問題で、もし生まれたときに世話をしている存在があってその存在の使っているそれが一通りであるならそれを使うとしてみたいな。

スレッドを表示
古いものを表示
Fedibird

様々な目的に使える、日本の汎用マストドンサーバーです。安定した利用環境と、多数の独自機能を提供しています。