何だかなあと感じても、まあこれも訓練、ツーカーな人だけで周りを固めるのも不健康と割り切っていたが 仕事上必要なコミュニケーションは(多分)問題ないし、全員とちょっとずつ合わないならば、敢えて「合わない」と明確に感じてる人と付き合い続けなくてもいいんじゃないか…

これチューニングは合わせてしまえるっていうのが嫌なのかもね 合わせてるときの自分がそんなに好きじゃないのが問題なのかも 深刻では

スレッドを表示

会話がことごとく噛み合うって人の方が少ない いつも相手に合わせた内容・深度・態度を選んでいる みんな少なからずそういうところだろうけれど、あんまりに自分の社交のしかたに再現性がなく、毎回チューニングが必要だから、本当にこれでいいのかと思うときある

なんていうか 私に対するイメージ・そう思いたいという像が完全に固まってて、かつ自分の領域から出るつもりが一切ないって人と話すのは難しいと感じる

音や大画面を楽しむために映画館に行くというのは部分的にはわかるけど、派手な映画ばかり上映しているわけではないので、どちらかといえば映画を観る以外の一切が禁じられた場の席料を払っている、というのが近いかも

ツルツルのパスタを生ゴミ袋に入れるのほんまに悲しい こんなに悲しいことってないかも

ショック!茹でたパスタが8割シンクに流れた

「輝いたのは鏡でも太陽でもなくて君だと気付いたときから」って歌詞、すごない?

演出がかっこいい映画を進んでみるし、パターンや法則性を見つけるのはたぶん得意な方なので、演出の意図を自分なりに整理するのもある程度できるけど、自分自身に還元される感覚が脳トレの域を出ないことも多くて、私はいったい何の作業をしてるんだと思うことある

親密度がバラバラの人たちが一堂に会してるやつがすげえ苦手なんだけど、得意な人もそんなにいないと思うから気にしなくてもいい みんなで少しずつ対人関係への苦手意識を分け合って失敗しましょうよ 私たち頑張りましょうね

もう私はパターンで会話をするしかないなと気付きはじめている 今後は人ではなくシチュエーションに焦点を当ててパターンを学習した方が覚える数少なくていい

話題の概要説明に大半の時間を費やす、講和みたいな形式の方が面白いシーンもあるだろうし、広がらなさそうだなと思う話題をほどほどに切り上げるのも大事な気がするが まあ仲良くなりかけぐらいの人たちでやる飲み会では上に書いたことを気をつけていればいいんじゃないか 多分…

スレッドを表示

私がよくやってた失敗は、イントロをバカほど冗長にしたり、イントロに過ぎないのに話全体が完結したと見做してそのまま放ってしまったり、話題のずらし方が大幅すぎて相手のターンを終わらせてしまったり…とかな気がする

スレッドを表示

会話にはターンや持ち時間があること、それぞれの持ち時間におけるイントロ部分はそんなに長くないこと、自分のターンに引き戻さない方法で(つまり相手にターンを引き渡したまままで)話題の位置を少しずらす=イントロの続きを話せる流れを作ると喜ばれることがわかった

会話ってどうやって運べばいいのか学びたかったので、昨日の飲み会は頭の中で議事録ノートつける感じでのぞんだ

自分が何らかの作品の話題を出すとき、作品そのものの話をしたいのか、作品を通して別の何かの話をしたいのかは最初にあたりをつけている この山張りは他人に対してもやる 会話の目的が変わってくるから

スレッドを表示

自分の経験をエビデンスにして作品を読み解く人のことは好ましく思うが、おそらく元から自分の話をするのが目的な人とは気が合わない てか作品ベースでは話ができないと思う 内容に幅が出ないので

忘却バッテリー、程よく垢ぬけていない平成の味がする これはこれで良いぜ

古いものを表示
Fedibird

様々な目的に使える、日本の汎用マストドンサーバーです。安定した利用環境と、多数の独自機能を提供しています。