固定された投稿


【誰かさんと化け物さん】をテーマにしたアンソロジー。主に一行小説、たまに短歌です。
なにかとおかしなことに巻き込まれがちな黒髪の誰かさんと、なにかとおかしなことを起こしがちな白髪の化け物さんのお話。
【人物画像:鏡合わせの双子メーカー】


 毎朝我が家へあがりこんでくる得体のしれない生き物がいる、会話はできるのだが、あちらは自分こそが家主であると言って譲らず話の折り合いがつかない、ある日ぱったりと訪問が止んだ、安堵したのも束の間、冷凍庫を開けるとあろうことか中で冬眠していた。

プロフ欄にも繋げてますが、Wavebox始めてみました。宜しければポチリとお気軽に。
wavebox.me/wave/enjea0j8hrlr75


 引き出しの奥から未開封のジグソーパズルが出てきた、気分転換にやってみようとピースをはめていく、千もある欠片があまりに順調におさまってゆくのでどうしてかと注視したところ、どう見ても間違ったピースなのに隙間へあてがうと軟体動物にも似た伸縮をみせぴったりとはまってしまうのだ、改めて箱を見る、そこには、忙しい人のための忖度ジグソーパズルと書いてあった。

銀灰色 さんがブースト


 鈴の音が聞こえたらその方向とは反対に行きなさい、普段は剽軽な同居人には珍しい真顔の忠告が思い出されたのは帰り道、鈴の音は他者へ発される警告で近づくなかれの合図だからね、そう念を押されたのだが、どう耳を澄ませても鈴の音は我が家の玄関から響いており、避けて通りようがなく暫し途方に暮れている。

銀灰色 さんがブースト

巻が中途半端で売れにくい
「なかよし おねえさんたち 3」
を買ってくれるとうれしいです!いま6冊あります!
yamako-windish.booth.pm/items/

スレッドを表示


 参拝の帰り道に石段をくだっていると背後から慌ただしい足音が聞こえた、数人の大人がなりふり構わず全力疾走するような慌ただしさに振り返るも、誰もいない、そしてまた視界の外から足音が続いた、石段が終わるとその先は踏切、遮断器の降りる警告音、やまぬ靴音、間もなく、電車が。

銀灰色 さんがブースト


 それでも彼女は幸せでした、という一文で終わる悲恋を考えてください、登壇した先で司会者から雑談の延長で振られたため私は即興で短い恋物語を語ったのだが、中盤を過ぎた頃から聴衆が今まで聞いたことのないような言語でどよめき始め、中にはファンファーレのような声で叫ぶものも出だしたから、結局お題目の一文まで辿り着けず、未完となった話がある。


【誰かさんと化け物さん】をテーマにしたアンソロジー。主に一行小説、たまに短歌です。
なにかとおかしなことに巻き込まれがちな黒髪の誰かさんと、なにかとおかしなことを起こしがちな白髪の化け物さんのお話。
【人物画像:鏡合わせの双子メーカー】


 嘘をつくと顔が赤くなる呪いをかけられてしまった、同居人は酷く心配をしてあれこれ世話を焼いてくれている、ふと思いついたように、ねえ僕のことが好きって言ってみてとねだられる、あなたが好きです、乞われるまま紡ぐや否や頬がかっと熱くなった、真っ赤になった私を食い入るように見つめていた彼は寂しそうな嬉しそうな、結局は楽しそうに微笑んでいる。


 少し前の話になるが『きみの断面図を勝手に写真で撮ってしまってごめん』という書き置きを残して、彼がしばらく行方をくらませたことがある、いくらもしないで何事もなく戻ってきたが、結局、その断面図とはなんなのか、言葉通りの意味ならどこの断面で、そもそもなんのために写真になどおさめたのか、今日もなにも聞けずじまいである。

銀灰色 さんがブースト

な、なんと「なかよし おねえさんたち」の紹介動画(PV)ができました。

さらに、声がでます!
すごい!!
マコさんとナツコさんの声がきけます!!!
:nakayosi_mako_smile: :nakayosi_natuko_smile:

ぜひごらんください!(1分15秒)
fedimovie.com/w/hxLmFjivG96zfJ

銀灰色 さんがブースト

三月はやたら忙しかったけれどたくさん絵を描けた。Twitterの企画である水彩行進曲用の絵です。


/うてなは残されて

さるぐつわ 丸呑みにした言葉だけ あなたにあげる  二度目の夜に

きみの言う愛はどうやら罰みたい 蜘蛛の巣にかかるちょうちょを摘む

この愛は食べられません 日曜の不燃ごみへと出してください


 道に迷った死神が途方に暮れていたので窓越しに事情を聞いた、なんでもこのあたりで迎えが必要な者がいるはずなのだという、仕事熱心で真面目そうな相手の力になりたかったのだが、聞けば聞くほどその死神が探している人間は自分である気がしてならなかったので、話を有耶無耶にし今日のところはお帰りいただくことに成功した。


バケモノとは本来、蔑みと恐れをもって口にされる呼び方だろうに、彼はそう呼ぶよう求め、呼びかけると嬉しそうに笑う、己はいつも他のなにかに化けているものだからそれでいいのだとも言う、しかし何にでも姿を変えられるなら名前だってひとつでなくてもいい、呼び名ではなくてあなたの名前を教えてほしい、問いかけてみると彼は一層嬉しそうに微笑んで言った、それなら君が名前をつけてくれるかい。


 気分転換に鬼ごっこをしようと持ちかけられ軽い気持ちで了承したが、まさか本物の鬼に化けて追いかけられるとはこれっぽっちも思わなかった。

銀灰色 さんがブースト
銀灰色 さんがブースト
古いものから表示
Fedibird

様々な目的に使える、日本の汎用マストドンサーバーです。安定した利用環境と、多数の独自機能を提供しています。