新しいものから表示

コノマエ夫に愚痴って「終わったことを考えるな、後ろ向きな人生はおれはいらない」と拒否されてトホホ〜と思った

色んな人に会いたいときに会っとけばよかった気もする。
でも自己嫌悪がそれを邪魔したなぁ

たくさんの人に会うことには価値あるので、やったほうがいいんだけど花のこと調べたりインターネットやったり布団にもぐったりしてるとあっという間にときは過ぎてしまう

彼氏ほしいというか、知らないと扉を開かせてくれる人ほしいな、とは未だに思う。
でもなーそのためには人に会わないとだめなのよね

巨大な承認欲求があって人間関係を阻害してたんだなと今思う

恋いしたいという気持ちは半分は考えてることを聞いてほしいなんで、インターネットでそこそこ満たされて良かったな

植物に興味を持ってから、世界が違って見える。無関心だった公園やマンションの植木、そのへんのプランターなど覗いては「へーこういうの好きな人が住んでるんだな」とか「こういうレイアウトもあるのか」とか学びがある

恋するとその人の好きなものとかを真似して調べたりするんすよ。そしたら世界が広がって、めっちゃ楽しいわけですけど、別に世界広げるのに男を挟まなくても良いんだなと思いながら今日もホームセンターで鉢を見ていました

恋とかよりも今は鉢のほうが大事というかなんというか

前の職場は息苦しかったや。私が「絶対にミスしない。絶対に間違いはあってはならない」と異様に思い込んでただけか知んないけど

どーでもいいことにおかしな怒り方したり、変に自信なかったり、趣味にのめり込んで大学中退に追い込まれたりする愛すべき同僚たち

転職して年収下がったけど気の合う同僚が多く見つかってなるほどな〜と思った。業界の違い故なのか社会階層がおんなじだからなのかは謎い

色々楽しみたいメイ層 さんがブースト

ブログとか読んで知識増やしてもしゃんなし、本読むなりなんなりするのがベストなのやも

バラの花のことを考えているんや
雨に当たらないとダメって書いてるのもあったし、雨に当てないって書いてるのもあった

古いものから表示
Fedibird

多くの独自機能を備えた、連合志向の汎用Mastodonサーバです。Fediverseの活動拠点としてご利用ください。