『聖なる鹿殺し』のバリー・コーガン、いい意味で心底不気味&気持ち悪さ全開なので、是非堪能してもらいたさがある


『アメリカン・アニマルズ』
・実話系
・本人インタビューが入るのでドキュメンタリータッチ
・若気の至り
・みんな特別でありたいし、刺激が欲しいよなぁ
・『聖なる鹿殺し』でのバリー・コーガンのイメージがインパクト有りすぎて、無意味にぞわぞわしてしまう


『サマー・オブ・84』
・終盤まではキング作品系
・ノスタルジさに憧れや思い入れがある人なら楽しめそう
・終盤とオチはキングじゃなかった

ベセスダのトッド・ハワード氏「『TES6』と『Starfield』は『オブリビオン』以来最大のエンジン刷新となる」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト - gamespark.jp/article/2020/09/2

マイクロソフトがベセスダ・ソフトワークスの親会社ZeniMax Mediaを買収…金額は約7,843億円【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト - gamespark.jp/article/2020/09/2

私も千葉に戻ってたとき、遊びに来てくれた初千葉の友人に駅まで案内してもらったり的なことを何回かしてる

うちの親は、自分の実家に戻れなくて、初来訪のパートナーに案内してもらってたから、多分遺伝

牛丼好き
うまい

方向音痴はねぇ、感覚で歩く
しかしその感覚は思い込みと気のせいで出来ているらしい

(何の自慢でしょう的な)

バニシング・イーサン・カーター?でも、マップなくて迷って詰んだかな?ってなったことあるんだからな!

twice knock ? あ、もっとメジャーなら layer of fears だっけかな? gone home とか
あんな感じの、さほど大きくない屋敷内のウォーキングシミュゲーでも迷いに迷いまくってべそかきそうになったことあるんだからな!

リアルでもゲーム内でも方向音痴マスターなんだ
舐めるなよ

結構丁寧に一本道にしてはくれてるんだけれどね

常に森の中なのが一番辛いかな
視界がきかない、道がよく分からない
方向だけ示されてる感じなので、迷子マスターだけれど探索したいけれどゲームの腕前はヘタレな自分には、結構ストレスかも
そこが

もっと見る