今年の国立天文台特別公開「三鷹・星と宇宙の日2023」にて、暦計算室・図書係の合同企画である『星学手簡』関連展示のチーフを務めました。

『星学手簡』は今年6月に国の重要文化財に指定されており、指定後初の実物展示となります。

展示会場では関連和漢書等の他に、同室・係監修の、VTuber星見まどかさんによる解説動画、松浦はこさんによるイントロ漫画を公開し、また、私が原稿を執筆したパンフレットが配布されました。

動画・漫画はオンラインでご覧いただけます:eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/exhib

パンフレットは現在も、三鷹の国立天文台にある歴史館(大赤道儀室)でお持ち帰りいただけます。

🦊📗

フォロー

ちなみに、『星学手簡』の内容はオンラインで公開されています。
もしよろしければご覧ください。
『星学手簡』:library.nao.ac.jp/kichou/archi

ログインして会話に参加
Fedibird

様々な目的に使える、日本の汎用マストドンサーバーです。安定した利用環境と、多数の独自機能を提供しています。